LAMS型分析の結果

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たまたま本屋で見かけた本が、気になった。
あなたの仕事がうまくいくための12の才能(ギフト)
溝口 耕児著
自分のタイプを調べてくれるとのことで、ネットで送信フォームから申し込みしてみました。
ちなみに、LAMS(ラムス)っていうのは、分類の頭文字をとってます。
L:リーダーシップ型
A:アナリスト型
M:マーケティング型
S:スペシャリスト型
それぞれに細かい3分類ずつついていて、12のギフト。


さて、フォームで生年月日などを送っておいたら、1日くらい経って、さっき、返信がきました。
【A2, S2, S1, S3】
A2は生まれた年からすぐ判定できるので、本を読めばすぐにわかります。
なので詳しいのが知りたかったのですが・・・えぇえ。それ以外は全部【S:スペシャリスト】ですか。
なんとなくわかってたけど、イザ出てみると、なんだかショックかもしんない(苦笑
血液型占いとかじゃないんですが、なんとなく、自分の傾向を言い当てられたようでショックです。
ちょうど、紹介しているこの書籍がアマゾンキャンペーン中です。(2/1マデ)
http://www.12gifts.jp/amazon/
版元がフォレスト出版なのに、主催しないキャンペーンって珍しいなぁ。
ちなみに、分析結果のメールには「会見 1時間105,000円:税込」って書いてあった。うっひょ~、高い!庶民には手が出せませんなぁ
ていうか、まぁ、世の中には不届き者も多くて「本を読みました。会いましょう」でアポ取りした挙句に、しゃべらせるだけしゃべらしといて、あとは「では、さようなら」っていうひとも居ます。こんな風に、ちゃんと値段出しておいた方が面倒がなくていいですよ、ええ。
つまり、やんわりとしたお断りってことです。
もしもね、著者が本当に会いたいって思う人なら、自分の人脈伝ってリーチできるから、わざわざ、第三者からの「会ってください」提案を受け入れる必要がないですよね。
他にもちゃっかり、カウンセラーとかの講座のお知らせもありましたです。そりゃねぇ、それくらいやらんといかんですわ。
にしても、EMZがカラんでくるとなぜか胡散臭く感じる・・・これはヒトリゴト。
<関連記事>
バイオリズムタイプと現在のポジションも教えてもらいました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)