期待通り?

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

090925本田健講演会中之島中央公会堂2009年9月25日に淀屋橋にある中之島中央公会堂にて行われた、本田健氏の講演会に参加してきました。
累計300万部突破を記念する無料の講演会で、当選倍率5倍だったようです。
講演会タイトルは「ピンチはチャンス!どんな時代でも自分の夢を叶えよう」というもの。ある意味、一天地六の法則
実はチケットを持っていなかったのですが、前日に、たまたまmixiで「ブースのお手伝い募集」を見て、こっしょりと参加することができました(^^
講演そのものは、アッというまのできごとで、とても面白かったのですが、その後の懇親会にも参加して大きな発見をしたので書いておきます。
そのひとも、ブース出展しているひとのひとりで、姿は覚えていたのです。
14時集合で、18時開場ですから・・・そんだけの時間、同じ空間にいたらイヤでも覚えます。
懇親会の席で、あいさつして名刺交換をして、私が「今、何をしてらっしゃるんですか?」という話をしたときの答え・・・じゃなくて、それを聞いた【自分の状態】がとても印象深かったのです。


 Aさん「育児セミリタイヤしてるんですよ♪」
 私「どうやって、リタイヤしたんですか?」(お約束)
 Aさん「先祖からの土地で。不動産です」
それを聞いた瞬間にね、わたし、自分でもわかるくらいにガッカリしたんです。
多分、Aさんもわかったと思います。ホント、ごめんなさい
わたし、どうやら、こういうストーリーを期待していたようなのです。
サラリーマン家庭に育ったA氏、あるとき独立を志して仕事をやめた。
ところが集客に苦労し、一時はどん底を味わうも、今は成功して事業も安定している・・・

そういう物語が聞けるとばかり!思っていたのが、違ったわけです。
そりゃもちろん、親からもらった遺産を食い潰してしまう人も多いわけだから、しっかりと不動産でリターンが得られる仕組みを作った!ということは、それはそれで、スゴイ!ことなんです。
なのにね、期待したストーリーが聞けなかったからといって、いきなり落胆する必要なかろうに・・・>自分
とまぁ、そんなカンジで反省しきりでございます
ひとは自分に興味のあることにしか耳を傾けないということ、そしてそれは、自分自身にもあてはまるんだなぁということを痛烈に感じた出来事でした。
気をつけなくちゃね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)


合唱団に入った理由

梅田で行われたボスさんのランチ会のあと、JR芦屋へ移動。この日は、大原集会所にて練習です。…