手帳とノート術

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たしか、フリーになった2004年10月からずっと、フランクリンプランナーというシステム手帳を使っています。今使っているのは、紙の薄さで携帯が楽になった「ユニバーサル」リフィルです。楽天にある通販サイトで人気ランキングを見てみると、オリジナル・デイリーに次いで2位ですね(^^
師匠からDVDを見たほうがよいとアドバイスは受けているのですが、まだできていません・・・というか、そもそも手帳っていうツールを活用できているのかどうか・・・わからないんですけれどね。今のところは、自分の足跡をたどれるように記録を残している状態です。
私が使っているのはコンパクトサイズといって、よく書店とかロフトで売ってたりする6穴バイブルサイズのリフィルを使っています。実は、ごく一般に「バイブルサイズ」として売られている手帳カバーに入ります。ブランド物でももちろん大丈夫。私はヴィトン(ダミエ柄)に入れて使っています。
実は、フランクリンプランナーのコンパクトサイズというのは、通常のバイブルサイズのリフィルよりも1センチくらい横幅が長いので、書き込むスペースが広いのです。だから、使い続けています。わざわざ(値段が高いのに)使っている最大の理由は、コレなんですね。
マインドマップを書くのにはちょっとツライかな・・・どうしようもないときは描きますけれど。このときは、横向きにしてることが多いですね。真ん中のバインダが邪魔で書きにくいから。
世の中には、手帳術やノート術、いろいろとあるわけなんですけれども、あれやこれやとツールジプシーになってませんか?
私もそうなんですけれど、この方法で成功した!とか生産性があがった!とか言われちゃうと、ついつい、同じようにしようとしてしまうんですよね。A4びらびら超整理手帳に、モチベーションシートにA5ノートがいいとか、いやA6だとか、無地ノートだとか・・・
でも本当は、それらツール&ノウハウをそのまま使うことができるひとって、ごく限られていて、自分のライフスタイルややり方に合うように、自分でカスタマイズしなきゃならないんですよね。私の場合、携帯性を考えて、差し替えができないノートとじタイプは合わない。
ですので、ツールはフランクリンプランナーと決めて、そのほかのノウハウを自分なりにイイトコドリした使い方をしています。


手帳の中身の書き方っていろいろあるのですけれど・・・まずは、走り書きをしないようにしています。あとから見直したときに、読めなかったら意味がないですしね。
たとえば、ToDoリストの部分は、やったことしか書かないようにしています。今日やりたいことをABCで優先順位をつけてリスト化しても、ちっとも先に進まないから。時間軸のところも、そのときやったことを書くようにしています。これは確か百式の田口さんがやってた方法じゃないかな?
今日読んだ本のタイトルや気になった一文、日記もちょこっと書き付けていたりします。これはモチベーションシートの運用方法ですね。
以前は、仕事とプライベートとで手帳を分けてみようとしたこともあったんですが、自分の人生ってひとつだけだしと思って、統合してしまいました。モールスキンはこんなカンジで使っています≫
できることを出来る分だけ、やればいいと思うんですよ。たまに忘れて、起床時間を書くのを忘れていたりもしますが、まぁ、それはOK・・・ってことにしています。
自分ルールを作るのもいいけれど、完璧に守らないと自己評価が下がってしまうでしょ?だから逆に、そういった「やるべきリスト」は書かずに、最終的にページに空白がなくなるくらい書くってことを目標にしています。なので、寝る前に必死で空白を埋めていることもw
実は、昨年、FXセミナーに連れて行ってくれた友人にチラッと手帳チェックされまして、「やっぱ、真っ白になってしまうよねぇ」なんて言われて、一念発起!たしかに、1年で5200円(税別)かかってしまうリフィルなので、使わないと損なんです。真っ白な手帳は、死んだ後でいいですしw
ブログというツールもそうなんですけれど、限定の中の無限の創造性というかそういうのが大事だなぁと思っています。工夫のしがいがあるというか、あえて絞り込むことで無限の可能性が開いてくる。
いつも、ツールを寄り道してはまた、フランクリンプランナーに戻ってくるということを2004年から続けています。そろそろ、フランクリン社のセミナーを受けたほうがいいかもしれません・・・
自分の生活スタイルに合った方法をうまく取り入れればいいんですよね。誰かが生産性をアップさせているA4,B5、A5のノートを使うことにノウハウがあるのじゃなくて、書き付ける内容にこそ、私だけの真実がある。
私のような手帳ジプシーさんはたくさん居ると思うのですけれど、ノートが稼がせてくれるわけじゃないし、ノートに書き付けた内容で稼げるわけでもない。
思いついたそのアイデアをどう実現してお金に変えるか?というのが一番大事ですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)