ネットに匿名性なんて、ない

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ブログ炎上 ~Web2.0時代のリスクとチャンス表紙カバー画像日本人は、物事や言葉を自分勝手に解釈しすぎるきらいがあると思っています。
それは例えば、営業をしに行ったら「いらねぇよ!」なんて言われてしまったときに、「その商品が今、いらない」ということを示しているだけなのに「自分自身が要らない」と否定されたような気分になってしまうことと似ています。
そういった、日本人特有の勘違いのひとつに「ネットの匿名性」というのが挙げられます。
先日、芸能人のブログが炎上したときに、いわれのない中傷の書き込みを執拗に繰り返した人物十数名が、もちろん、誰にも知られてない・誰にもわかるまいと思って匿名で書き込みしたつもりなのでしょうけれど、ちゃっかり本人特定をされて、名誉毀損で訴えられた事件がありましたね。匿名なんだから「誹謗中傷」という犯罪の片棒を担いだことも、なかったことにできるとでも考えたのでしょうか。
名前を隠したくらいじゃ、悪意までは隠すことができません。否、中傷したい!という悪意があることを、友人知人に「自分だと知られないために」匿名で書き込みをするのでしょう・・・
つまり、ネットでいくら巧妙にプロキシサーバを用い、名前を伏せようとも、コメントを寄せた以上、さまざまなネットワーク上にアクセスログは残る。自らの存在を隠しおおせることは出来ないのです。もちろん、コメントというカタチで【悪意】のあとすら、くっきりと残っている・・・
匿名ということを「自分に都合よく」解釈しているんじゃないかと、思うのです。
たとえば、匿名で書いたものなんだから、わたしのやったことじゃありませんよとでもいわんばかり。
つまり、自分自身がやったことに対して「責任は取りませんよ」という意味で【匿名】としているんじゃないかと思うのです。


匿名を傘に着て、さも自分のものじゃありませんよという風を装う・・・けれども、もし、何かの犯罪に関わってしまったら、サーバのアクセスログから簡単に本人特定はできてしまうわけで、じゃぁ、ネットで匿名の意味なんてあるの?と私は考えています。

とくめい 0 【匿名】
自分の実名を隠してあらわさないこと。また、実名を隠して別の名を用いること。
「―希望の投書」「―批評」
~Infoseek辞書より~

だからこそ、外国では、自分の名前も顔写真もさらして、SNS登録したりブログを書いたりしていることが多いのかな?とも思います。
個人の責任において発言しているということを正義にしている、とでもいいましょうか。
集団にまぎれて空気の一部になりさえすれば、自分個人の悪意すら、みんないっしょの「正義」になる。そんな思い違いがあるように思えてなりません。
ネットネームが先行していようとも、やはり、公の発言にはそれなりに責任が伴うし、イザ!本名が出たときにも、しゃんと胸を張っていられるような、そんなブログエントリーやコメントを残したいですね。
ネットに匿名性なんて、ないのですから・・・

コメント

  1. こんにちは。
    なんかの小説(?)で見たような気がするんですけど
    ある日、そういう匿名でみんなが書き込んでる巨大掲示板が
    管理している会社のパソコントラブルかなんかで(すごく記憶があいまい)
    IPアドレスなどから実名がわかって、それが署名として出てしまい
    これまでの書き込みも全部、どこの誰が書いたか、みんなにわかってしまうと。
    で、フィクションなので、女のフリして可愛く書いてたのが中年のおじさんだったり、
    同じ掲示板で夫婦が知らずにやりとりしてたり、そういうオチがあったような。
    でも、グーグルやアマゾンの顧客追跡力を考えたら、
    いつそうなってもおかしくないような気はします(^^)

    • ブログ管理人
    • 2009年 2月 28日

    >アリスエさんへ
    ごく普通にありえますよね(^^
    キャバ嬢のふりしてブログ書いたり、メルマガ書いてたのが実は・・・ってのも聞きますし。
    いくら性別、年齢をごまかそうとも、
    やっぱり書いてるのは「生身の自分」なので、
    何をごまかしたいのか?が浮き彫りになるだけと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)