2017
10.28

千日発信修行1日目

千日発信修行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨夜、選手控室コミュで遊び過ぎて、寝坊しました(;´・ω・)
こういうの、ビジネスマンとしてはダメなところなので、これからは改善・・・する。

んーと、改善ルールとしては、
時間をきめて、それ以外は見ないようにする。がんばる。

さて、10月27日はじまりのひとが多かったこともあり、多くの人にこのブログもご紹介いただけました。

ありがとうございます!

実は、数か月前に、このブログはサーバ移転してまして、そのときに設定が完了しておらず、アクセス解析もいれてなかったんですよね。

なので、どれくらいの方にご覧いただいたのか、もう、よくわからない状況なんですが、ともあれ、
修行に参加する!って表明いただいている方は40名を超えて、盛り上がってまいりました。

「いっちょ、やったるか!」って、思ってもらえて、ほんと、うれしかったです。

あとは、1000日をどう過ごすかは、各自の道のり。
山あり谷あり、きっと楽しい道程になりますね♪

ゴールの「祝賀会」めざして、毎日、しゅくしゅくとやっていきましょう!

以下、10/19にラインブログに投稿した重要な内容を転載します。

なぜ、発信?だと思うんだけど・・・

これからの時代さ、
会社の枠を超えたリーダーや、インフルエンサーになるか、
これまで通り、フォロワーで生きていくか。

この二択しかないと思うのね。

超一流のスキルを持つなら、マスコミとか周りの人が放っておかないから、誰かがプロデュースしてくれて、発信も代行してもらえるから
さらに、技を磨くことにだけ、注力しさえすればいい。

でも、多くの人は、いくらがんばっても二流。
二流の人材をプロデュースしたがるひとなんていないし、代わりに発信してくれるひとなんて、いないのよ。

自分から、
わざわざ言っていかないと、
誰も見ちゃくれないのです。

それは、どんな識者でも、芸能人でもタレントでも、同じだよ。

ここで、発信力がモノをいうようになる。

情報拡散力とか、影響力ってこと。
今の言葉でいうなら、インフルエンサーとしての技術が必要だってこと。

勤めてる会社がいつまでもあるわけじゃないし、科学技術の進歩で職業すらも存在するかどうかもあやしい、
それに、自分自身だって、定年まで、心や体が健康でありつづける保証もない。

ってことはさ、まだ働き口がある今のうちに、
未来の仕事を見つけたり、
見つからないなら、自分で、新たな職業や、社会での役割を作っていく必要があるのね。
生き延びたいのなら。

あくせく働かなくてもすむ老後なんて、すでに夢物語だから。
今の生活レベルを維持できるくらいの「ごくふつーの生活」なんて、老後じゃなくても・・・ないよ。

「ごく普通にしてれば生きていける保証」なんてものも、どこにもない。

安定してるように思える「今」は、猶予期間にすぎないんだってこと。

正直いって、自分の持つ何が社会に求められ、受け入れられるか?は、自分で試していくしかない。

誰かがすでに開拓したところにハマるっていう、他力本願なやり方もあるけど、
それは、フォロワーの生き方でしょ。
さらに上のレイヤーのひとたちに、翻弄されて終わる。

いやじゃん、そんなの。

子どもの頃、親には絶対服従で、いうこときかなかったらご飯抜きだったじゃない?
大人になって、会社に勤めるようになったら、社長や上司に絶対服従で、いうこときかなかったら、クビになるでしょ?

おーんなじ構造なんだ。

しかも、タチの悪いことに、
社長や上司は、「職業がなくなる」だなんてことを考えることなく生きてきて、定年間近だったりする。
時代の変化っていう「津波」から逃げ切れる、幸運なひとたちだ。

そんなひとたちの話を、聞く必要があるんか?ってことです。
そんなひとたちが作った常識を、盲目的に信じてていいの?

なんにせよ、
発信力さえあれば、世に問える。
自分の存在を、強く意識させれば、フォロワーがついてくる。

それの第一歩が、とにかく、発信をはじめて
何を問えば、ひとがついてくるのか、
何を書けば、ひとに注目をしてもらえるのかを
見極めていくことだ。

まずは、日本語が書けないことには、インターネットで影響力を持つことは難しくて、
それを「なんとかする」ための、数稽古として、
1000日連続発信が最適なんじゃないかと考えたわけです。

ちなみに、文章ではなく動画で発信なら
ユーチューバーって道もあるけど、
あんだけの企画力とシナリオ作り、動画編集スキル持ってる?
あればとっくにやってるでしょ笑

いっちょ、ここらでやってみるか!って
前向きなひとと、いっしょに修行したいなーと思ってます。

▼発信オリンピックの詳細
https://www.kinjoyuki.com/road2tokyo2020.html
※本日10/28開始。参加無料

コメントは利用できません