学習効果を高める方法

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

2008年の夏に、WPブログカスタマイズのセミナーに出たんです。
インストールと、カスタマイズのお話が中心だったので、正直、ITエンジニアとしてはテクニック的には学ぶところはなかったのですけれど、初心者質問に対する講師の返答があまりに秀逸でビックリしました。その姿をみられただけでも、1万円の価値があったと思う。こうあるべきという姿をまざまざと見ることができたから。
昔から、無料のブログシステムWordPressについては知っていたのだけれど、MTを使いこなせるし、あえて使っていなかったこともあり、WPインストールの経験もありませんでした。
なので、このセミナー前日に、自分のウェブサーバにDBインスト&WPインストールをしておいて、大体の流れを確認してから行ったのですが・・・
会場でビックリ。
講師の「インストールしたことがありますか?」との問いに半分近くしか手を挙げていないのです。
あらかじめインストしてみてわからない部分をきくために来た人と、
話をきいてからやってみようという2種類だったんですね。

もちろん質疑応答も、前者のほうがより具体的で、そのひとにとってはこのセミナーは学習効果が非常に高かっただろうと思わせる内容でした。


東大合格生のノートはかならず美しい表紙カバー画像学習の仕方を学ぶのが、学校教育の役目のひとつです。
たとえば、いわゆる東大ノートは、東大合格までの間に身につけた学習方法&ノート記述方法の【粋】であるわけで、「自分に最適な学習法」をつきつめた結果、あぁいうものに昇華しているわけです。ですから、縦線の整った美しいノートを書くことが学習の目的ではなくて、学習の結果そういうキレイなノートになったにすぎない。
学生時代、黒板の内容をうつすだけの受動的な学習方法ではなく、予習して、授業を受けて、復習をすると身に付くとことあるごとに言われてきたと思います。けれど、言われたからといってできなかったと思うんですよ。
だって、大抵の人は「ナゼ学ぶのか?」という意識が低いままで学生を終えてしまう。
けれど、もういいオトナなんですし、効率の良い学び方をとっくに知っているし、「WPインストールができるようになって、ブログを作り、ネットで稼ぐんだ!」という明確な学ぶ動機もあるのに・・・教えてもらってからやってみようというその考えがワケわからん!っと頭が混乱してビックリしたのでした
世の中にはいろんな勉強法があるとは思うのですけれど、自分に合った学習方法を早い段階で見つけ出して、大人だからこそできる「加速学習」が必要な時代ですね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


とうさん、倒産

会社がつぶれる前兆というのがあります。  1、請求の支払日を伸ばしてくれるよう、取引先に連…