トランジションズ~テレビも見ましょう

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

金城です。
昨夜、ある集まりの「鍋パーティ」に参加してきました。
インターネットを利用したビジネスをやっているひとたちの集まりですので、いわゆる、ネットで稼ぐ専門家たちです。
けれど、ある意味、偏りすぎているので【マス】からは、かけ離れているんです。


まず、テレビを見ない。
それはそれで、無駄な時間を使わずに済みますから、よいことなのですけれど・・・
まさか、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)好きの集まりで、「トランジションズ」のCMを見てない!ということに、愕然としました・・・
▼紫外線量によってレンズの濃度が変わり、紫外線カットしてくれるレンズです
トランジションズ
※今は、メガネ店で取り扱いしているようです
サイトを見てもらえばわかるんですが、バリバリ!のDRMです。

<キャンペーン特典>
今なら、トランジションズレンズ(2枚1組)を、
店頭表示価格より、3,150円OFFにて
お買い上げいただけます。

「お買い上げいただけます」だなんて、典型的な<洗脳系>コピーですよね。
(お!とうとう、プロアクティブ以外にも上陸してキタかぁ~!)なんて思っていたのですが、わたしだけだったようで。
ちなみに、トランシジョンズじゃないので、お気をつけくださいね(間違えてましたw)
アメブロユーザというのは、わりと、マスなんですよね。
そして、われわれ商品・サービスの提供者というのは、概ね、マスに向けて商品販売をしています。
この感覚を忘れてしまうといけないんだなぁと再確認した次第です。
「テレビは見ません!」も、立派な心がけなのですけれど、マス向けの商品開発をしているならば、必須です。
購入者の動向を知らずして・・・現場を知らずに物を売るなんて、ばかげたこと。
わたしの場合は、音は小さめにして、パソコンの斜め向こうにテレビをかけっぱなしにしていることが多いです。
いわゆる、ダブルウィンドウですね。
コツは、首を動かさなくても視線の移動だけで、テレビが見える位置に置くことです。
以前に、テレビを真後ろに置いていたときに、ずっと同じ方向に首を回すので余計な肩こりを発生したことがあります。
テレビをかけていたら気が散るという方もいるかもしれませんが、それは、本当に集中したいものに集中するスキルが足りないだけのことです。または、脳みそのポテンシャルを甘く見ている。
テレビ番組を見るにしても録画にしてCMをとばして、本編だけを見て時間短縮した気分になっているひとも多いかもしれません。
ですが、あなたがもしも、何かの商品・サービスの提供者であり、日々、販売促進に頭を痛めているのであれば、CMは見るべきですよ。
もちろん、単にながめているだけでは効果が薄いので、自分なりの目標設定をして見るようにしてくださいね。
 なぜ、このタイミングで、このコピーが出てきたのか?
 なぜ、キャラクターを使っているのか?
 よりわかりやすい表現にするために、これを使っているのだな
・・・などなど、よくよく見てみれば、たくさんのノウハウがつまっているんです。
秀逸なコピーを書けるようになるには、まずは「気づく目」を養うことから、です。
書籍や商材に書かれている「お手本」を真似たコピーなら誰でも書けますが、それでは、物は売れない。
今や、マスの感性が経済状況を動かす時代なんですから、自分の感じたことを大事にしましょう。
金城有紀でした

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。